読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうも、ろく6935です

主にOverwatchについて書いていきます。拙い文章ですが、暇なときに目を通して頂ければ幸いです。

ウィンストンとDvaについて

 

 どうも、ろく6935です。

 

 

 さて、今回はウィンストンとDvaの記事です。メインタンクとしての記事とはかけ離れますが、双方のヒーローはメインタンク使いなら使いこなしておきたい+その性質を理解しておきたいところです。

 サブタンクの理解度の深さがそのままメインタンクを使ってる時の立ち回りの幅広さに直結します。少しでも理解していれば理解していない人との差は必ず出ます。

 

 

  ・スペックの違い

 耐久値

 Dva:アーマー200 ヘルス400 本体ヘルス150

 ゴリラ:アーマー100 ヘルス400

 耐久値だけでみると単純にDvaのほうが上です。Dvaのメックはヘッドショット判定が大きいので数値以上に早く溶けますが、ヘッドショット判定のない射撃も数多く存在するのでそこまで大きな差にはならないでしょう。

 

 機動力

 Dva:CDT5s 距離約30m 

 ゴリラ:CDT6s 距離約30m

 次に機動力です。双方共に移動スキルがありますが、ウィンストンは瞬発力と速度に優れ、Dvaは自由に動けるのと途中でもキャンセル可能なので小回りが利くという違いがあります。CDTで見るとDvaのほうが数値上は上ですがゴリラはスキルを使った瞬間にCDが始まるので大きな差にはなり得ません。Dvaは攻撃中は移動速度が低下するので総合的に見ればゴリラがやや上、といったところになります。

 

 火力

 Dva:敵と距離によって変動

 ゴリラ:60dps 3体まで当たる

 どちらもメインは短射程という点は似通っていますがショットガンタイプとビーム系という大きな違いがあります。ショットガンタイプのDvaはタンク系や敵のバリアに対してダメージが出やすいのに対し、ビーム系のウィンストンは機動力が高い敵に対して安定して火力を出すことができ、その上複数体に当たります。移動スキルの使用中に攻撃できるか出来ないかも大きな違いです。結果的に多くの状況でウィンストンの方が火力を出すことができるでしょう。

 

 バリア

 Dva:球を消す ゲージ性 防げないものもある

 ゴリラ:耐久値600 CDT13秒 持続6秒 設置型

 次はバリアスキルの性質、性能の違いです。ここが一番の差別点。

 バリアの耐久値だけで見るとウィンストンのバリアは脆くDvaの方が防げない射撃はあるもののゲージ性なのでDvaに軍配が上がります。

 Dvaのバリアは自由に動かせる+ゲージ性なので、ピンポイントでの使用もでき、かなり応用が利くといえるでしょう。敵の射撃を「消す」のも特徴です。「味方をバリアで守る」ことならゴリラよりも適正です。

 ゴリラのバリアは設置型なので「バリアを張りながら攻撃」することができます。これはDvaとはまた違った強みを持っています。詳しくは後述。

 

 ult

 Dvaのultはイニシエートスキルとしても使えますし味方のultと組み合わせて使用することもできます。その他単純な時間稼ぎや敵のultに対するディスエンゲージとしても使えます。

 ゴリラのultは明確な使用法をもって使うとすれば一番は時間稼ぎです。それ以外だと体力の少ない敵を強引に倒しきるためのultや環境キルを狙った使用法などもあります。Dvaと比べると味方と合わせることにはあまり向いておらず、ディスエンゲージでの使用もかなり難しいです。

 

 スペックの違いや特徴などは以上です。ここからは上記を踏まえた上での役割および適正を書いていきたいと思います。

 

 ・役割

  1. 高台へのカバー
  2. 機動力を生かした味方へのカバー
  3. 自身の有利な敵への張り付き

 役割は上記3つが主になります。役割は共通しますが、敵やマップによって適正は違ってきますDvaかウィンストンのどちらをピックすればいいのか?という時にはまず敵の構成をみてより自分が広くカバーできる方を選びましょう。

 例えば敵のDPSがソルジャーとゲンジならゴリラの方が高所のソルジャーに対してはもちろん、ゲンジに対してもメインが刺さるので強みを活かせるでしょう、DPS枠にロードホッグ+マクリーなどには敵のCCから素早く味方を守れるDvaが適任です。このように敵の構成を見て明確にこちらの方がいい、と決めることができるならより適性が高いほうを出しましょう。

 

 双方の役割の差

 細かい役割の例として、高所に敵のソルジャーがフリーで弾を撃てる状況にあるとします。この場合だとDvaとウィンストンそれぞれの役割は変わりませんが飛んだ後の状況の差が出てきます。

 仮にDvaがソルジャーに張り付きに行く場合、敵のソルジャーは逃げることが多いです。タイマン状況で距離が近いとソルジャーはDvaには勝てませんので。この時点でDvaは高台を確保できます。高台の確保及び維持という点ではDvaの方が優秀です。しかしDvaは逃げるソルジャーに対してこれ以上の介入はほとんどできません。追撃しようにも攻撃時は機動力が著しく落ちるため距離を取られ、近づくだけでは殺せない、DVaには「殺すためには近づいて撃たなきゃならないのに撃てば距離を取られる」というジレンマがあるので追撃は苦手です。

 これがウィンストンならどうなるか、ウィンストンが敵のソルジャーに張り付いた場合、敵のソルジャーが取れる択は、「逃げる」もしくは「迎撃」です。逃げるソルジャーに対してウィンストンは攻撃しながら距離を詰めることができます。火力的に3秒以内に逃げ切らなければ死んでしまうのでかなり厳しいです。迎撃してきたソルジャーに対してもバリアを張りながら攻撃できるのでほぼ撃ち負けることはないでしょう。狙った敵の撃破及び追撃性能はウィンストンの方が上です。しかし、ウィンストンはバリアの耐久とCTの都合上、居座り続けることは非常に厳しいです。

 上記を踏まえて、取られると不利になる高台を確保する場合はDva、高台に攻め込んで行きたい場合はウィンストンなどと使い分けるといいでしょう。

 

 有利な敵に張り付く

 双方の有利な敵は共通する部分もありますが明確に違う部分もあるのでその点は理解しておきたいです。

共通する相手

 これらの敵ヒーローはゴリラもDvaも注視するべき敵です。上記の中で活躍しているヒーローがいるなら頑張って抑えにいきましょう。

 ・ウィンストン

  • ゲンジ
  • ソンブラ
  • メイ
  • ルシオ
  • シンメ

 上記はよりウィンストンが対応しやすいです。

小柄で機動力の高いゲンジにはメインが刺さります。ソンブラにはステルス中でもメインが当たり、瞬間移動も移動後を捉えればほぼ確実にキルできます。メイはバリアでメイのメインを防げるのでDvaより強気に出れます。ルシオもメインで食うのは容易です。シンメトラもまず打ち負けることはなく、タレットを素早く処理できます。

 ・Dva

  • ロードホッグ
  • バスティオン
  • ファラ
  • ジャンクラ
  • トールビョン

 上記はDvaがより対応しやすいです。ロードホッグのフックに対してはマトリックス機能する上、メインのダメージも通りやすいです。バスティオンもマトリックスで対応できます。ファラに対してマトリックスで火力を落としつつ、高度が下がった所で逆に火力を出すこともできます。ジャンクラも火力を抑えつつ容易に近づけ、火力も通りやすいです。トールビョンにはタレットに即座に対応でき、本体も問題なく食えるでしょう。

 

・総評

 色々と書きましたが、個人的な考えとして『攻めのウィンストン、守りのDva』みたいなことを思ってます。あくまで個人の考えですので一度皆さんで双方を使って貰いたいです。その上で色々と考えを持って欲しいです。

 

 

 今回はこの辺で終わります。

もうそろそろネタが尽きてきたのでこれからはその時に流行ってるメタのタンクについて色々と書こうかなと思います。思いついたことをぼちぼち書いて行くので長い目で見てください。

コメントなどでネタや要望も聞きつけてるので気軽にコメントして下さい。ネタをくれ

 

 ご既読ありがとうございました。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

構成について 1部目

 

 どうも、ろく6935です。

 この前行われたAPEX season2の[Ranaway VS LW Blue]がとても面白い試合でした。個人的にはRunawayのKaiser選手の最後のアースシャターが最高でしたね。何回見ても「カイザーーー↑↑!!」と叫びたくなります。

 ちなみにあのシャターに関していえばstitch選手のパルスボムでDvaの体力を奪い前線から下げさせたこと、Kox選手の阻害瓶、そしてHaksal選手の風切りによりLW側のjanus選手の体力を削る行為がなければ決まっていなかったでしょう。そういう意味でもチームで生み出したアースシャターといっても過言ではないです。自分はあれを見て感動すら覚えました。もちろんそのチャンスを見逃さず生かしきったKaiser選手には最大限の賛辞を送りたいです。

 Kaiser選手とはランクマで記憶に残っているものでは2回ほど対戦したことがありますが、彼はとても上手いです。当然ですがw。彼のラインハルトは言うなれば「The 安定感」みたいな感じです。こちらのチャージ、シャターを確実に防ぎ、敵の小さい隙を見逃さずにチャージ、シャターを決めてくる。まさにラインハルトのお手本のような人です。Kaiserは神、異論は認めない。

 さて、それはさておき今回はメインタンクを主軸にしたピックについて書いていこうと思います。

 

 ・メインタンクとは?

 本題に入る前にそもそもメインタンクとは何なのか?という話から入っていきます。OWにはオフェンス、ディフェンス、タンク、サポート、という4つのロールがあり、その中のタンクに属する「ラインハルト」「ウィンストン」が主にメインタンクと呼ばれることが多いです。稀にDvaをメインタンクとして使いますがここでは割愛します。

 「じゃあそれ以外のタンクは?」ということになるのですが、基本的にメインタンク以外はサブタンクと呼ばれることが多いです。

 

 ・メインタンクの役割

 メインタンクは常に最前線を維持し味方の有利なエリアを広げる、または最前線に飛び込んでいき敵の有利なエリアを狭める、そしてフォーカスを受けつつ生き残るというのが役割です。勘違いしやすいですがメインタンクは味方を守るのが役割ではありません。確かにバリアなどで味方を守る場面は必ず出てきますが、「味方を守る」ということに関してはサブタンクの方が遥かに適正です。意識すべきはエリアの管理です。

 ここで重要なのがフォーカスを受けつつ生き残るということ、ただ単に盾を張ればいいというわけでも、敵に突っ込んでいくわけでもありません。そして生き残るだけでもダメです。メインタンクは基本的に火力が低く、その分耐久力が多くなっています。その優れた耐久力で味方の代わりにダメージを受け、その間に味方に火力を出してもらうというのを意識しましょう。

 

 さて、ざっくりメインタンクについて解説したところでいよいよ本題です。

 

 ・メインタンクのピック

 試合開始時、双方のピックが始まりますが、まずあなたはメインタンクとしてラインハルトかウィンストンのどちらかを選ぶとします。この時にどんな状況でもラインハルトをピックしてそのまま変える気はないーなんてことはありませんか?それは間違いです。必ずどちらかのピックを決定する時にマップや味方の構成との噛み合わせを意識しましょう。そして「~だからこっちをピックする」という理由付けがあればいいです。とりあえずラインハルト、ではOWに対する理解度は深まりません。

 例えばkings rowの攻撃側に回ったとします。一旦ラインハルトをピックした後、味方がトレーサー、ファラ、マーシールシオ、ザリアをピックしました。この場合ラインハルトよりもウィンストンの方が味方との噛み合わせがいいです。ラインハルトでもいいですが、味方の強みを最大限生かせるのはウィンストンでしょう。

 攻撃側のファーストピックに関して言えば味方がメインタンクに合わせるよりもなるべくメインタンクが味方に合わせたほうがいいです。お互いのピックが分からない状態だと相手のカウンターピックのしようがありませんからね。カウンターができないなら味方の長所をさらに伸ばせる方をメインタンクがピックするのです。

 

 ・味方の長所を伸ばす

 これを聞いてパッとしない方も多いかもしれません。しかしメインタンクに限らずとても大事なことです。例えばソルジャーとマクリーが味方にいる場合、メインタンクはラインハルト安定です。簡単な話、盾を利用して弾を打っていれば一方的にこちらの攻撃を通すことができます。味方の強みを理解することによって自身が使うヒーローの強みも引き出せます。

 

 ・カウンターピックとしてのメインタンク

 結論から言うとカウンターピックでメインタンクが変わることはないです。

 例えばこちらが3タンクの構成でラインハルトを出しているとします。敵のウィドウメイカーが暴れているためウィンストンに変える、なんてことはしないほうがいいです。3タンクはラインハルト+その他2タンクの前線維持力+アナのヒール力で成り立っています。ここのラインハルトを変えてしまうと、そもそもの構成の趣向が変わってしまいます。ウィンストンではラインハルトの代わりは務まりません。

 ではどうすればいいか、味方に変えてもらいましょう。チャットでもVCでもいいので言いましょう。もし味方が変えてくれなかったら・・・悲しみに暮れながら立ち回りで頑張りましょう。世の中様々な人がいます、トロールもいますしピックを頑なに変えない人もいます。しかし、そんな時でも心を強く持ちましょう。いつか強くなれる日が来ると信じて・・・。

 それ以外の方法としてウィンストンに変えることを味方に伝え、Dive compに変える方法もあります。「自分ウィンストン出すんでDiveいいスカ?」みたいな感じでいいです。不利な状況でずるずると試合し続けるよりも一度構成をガラッと変え状況の打開を自分から提案していきましょう。

 

 ・ラインハルトの構成

 ハルトを出す場合、味方にハルトの盾を生かして戦えるヒーローがいるかどうか確認しましょう。例としてマクリーやソルジャーなどです。簡単な話、盾を使って一方的に攻撃できるヒーローですね、その他、前線にいなければ強みを生かせないヒーローもラインハルトと相性がいいです。

 また2tank2dps2supの場合、サブタンクはザリアとの相性が非常にいいです。ハルトの前線維持能力とザリアのバリアとの相互効果が半端ないです。ハルトのチャージのリスクもバリアで減らせますし、2人の適正距離も似通っています。

 多くの場合supの一方はルシオが安定します。ハルトの盾の弱点の一つの機動力低下をルシオのスピードブーストで補える他、ハルトに近づく敵を引き離すこともできます。もう一方のsupは多くはアナですが、状況によってはシンメトラやゼニヤッタも選択することができます。

 一時期流行った3タンクメタもラインハルトが主軸ですね。

 例)・ハルト・ザリア・ソルジャー・マクリー・アナ・ルシオ

   ・ハルト・Dva・ロードホッグ・ソルジャー・アナ・ルシオ

 ハルトと相性が良くないヒーローももちろんですがいます。盾を必要としない、もしくは機動力に差がありすぎるヒーローですね。

 dpsでいえばゲンジ、ファラは微妙といったところですね。双方とも盾を生かしながら戦うのは難しく、機動力も違うので立ち位置を合わせにくいです。

 タンクにおいてはロードホッグ自体の相性はいいのですが、2タンクとしてのロードホッグだと非常に前線を維持するのが難しいです。ロードホッグはバリア系武装を持たない上にシールドやアーマーを持っていないので脆いです。サブタンクとしてのウィンストンもかなり厳しいです。火力が互いに低すぎて敵へのプレッシャーが少なすぎます。

 supだとマーシー単体だとかなり相性は悪いです。マーシーは縦への機動力も高いのでファラとセットで出したいです。

 

 ・ウィンストンの構成

 ウィンストンを出す場合は、機動力が高い構成で臨むといいです。ウィンストンはマップや状況に左右されずに好きな相手に飛んでいきフォーカスすることができ、フォーカスしながら相手のフォーカスを受ける、ということができます。相手のフォーカスを受けている間に自分とフォーカスを合わせれる味方ならウィンストンの強みも生かせます。

 dpsはほとんどの場合、トレーサー、ファラ、ゲンジから選択ですね。全部採用する場合もあります。それぞれの弱点をウィンストンでカバーすることができます。ウィドウメイカーを採用する場合もありますが、マップが限られていることと、ウィドウ本人の個人技が決め手になるのであまりお勧めはしません。

 タンクはDva、ザリアのどちらかでしょう。最近はザリアよりもDvaのほうが多く見受けられます。度重なる弱体化によりザリアそのものの強さが厳しいものとなってきたのと単純にDvaが強化されて強くなっているので、自分もDvaをオススメします。

 supはルシオは確定、もう片方はゼニ、マーシーのどちらか選択です。基本はゼニで、味方にファラがいる場合はマーシーといった考えで問題ないです。ゼニの不和は射程が長くウィンストンのフォーカスする相手にもしっかりつけることができます。アナについては正直難しいです。そもそもアナの射線が通らない場所で戦うことも多く、ヒールも各所に散らばっているパックを取るほうが立ちやすかったりします。

 例)・ウィンストン・Dva・トレーサー・ゲンジ・ルシオゼニヤッタ

   ・ウィンストン・ザリア・トレーサー・ファラ・マーシールシオ

 ウィンストンは味方の構成によって立ち回りを自由に変えることができるので、これといって相性の悪いヒーローはいません。その分相手の構成との相性を考えなければ即落ちゴリラreport ggとなってしまうので、必ず相手との相性は吟味しましょう。

 

 

 メインタンクはチームの大黒柱であり土台です。土台としてしっかりプレイできるように、それぞれのヒーローとの組み合わせを理解しておきましょう。また、メインタンクは常に安定したプレイが求められます。調子の波が激しいようではメインタンクはやっていけません。常に80点以上のプレイをできるのがベストです。

 今回はここまでにします。ピックについて色々書きましたが、OWにおいて完成された構成はありません。マップやメタ、調整などで大きく変わります。色々試してみたら意外と強い構成などもあるので、上記はほんの一例と思ってもらって結構です。

 

 次回はウィンストンとDvaの役割の違いなどの記事を書こうと思ってます。双方スキルや立ち回りが似ているので、どっちがどう強いか理解できていない人が多気がするので。

 ここまでのご既読ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

ウィンストン 2部目

 どうも、ろく6935です。

 お久しぶりです。最近は小顔整形でウィンストンが強くなった気がしないでもないですね。

 今回も前回に引き続きウィンストンの記事を書いていこうと思います。

 主に立ち回りでの細かい動きをですね、書きます。

 

 ・立ち回りのプロセス

 ウィンストンを使うときは必ず目的を持って使うこと。ウィンストンはその性質上、カウンターピックで使うほうが光る部分が多い。が、やはりメインタンクとしての運用も出てくる。そんなときでもしっかり役割を遂行できるようにしよう。

 高台を確保するため…ゲンジのカウンターとして…フランカーとして…もちろん目的は複数あっても問題ない。とにかくピックした時に「何故ピックしたか」を答えられるようにしておくと、立ち回りでも自分のすべきこと、自分の役割が自ずと見えてくる。

 他のヒーローでも言えることだが「なんとなく」でピックするようでは、自分のヒーローの役割を十分にこなすことは到底できない。

 

 基本編

  1. ジャンプで接敵
  2. バリア張りつつ攻撃
  3. ジャンプで離脱
  4. 繰り返し

 これが基本の動き。狙うべき相手は敵のサポート>ゲンジ>200族>その他。

  これ以外にも高台を確保する立ち回りや、フランカーとしてのタンクの立ち回りだと色々変わってくる。あくまで基本中の基本である。

 

 高台編

  1. ジャンプで高台の敵と接敵
  2. 攻撃
  3. 相手を引かせるor倒す
  4. エリア確保(離脱しない)

 相手のウィドウメイカー、ソルジャーなどの遠距離から火力が出せるヒーローが高台にいる場合の立ち回り。基本の立ち回りとあまり変わらないが、最後に離脱するのではなく、そのエリアを確保することを目的としている。

 まず最低条件として、高台にいる相手とタイマンで殺せるor退かせれることが条件。タイマンで勝てない相手には飛ばないこと。そして無理はしないこと。あくまで目的はエリアの確保である。

 高台に飛ぶときはなるべく高台の敵に見えない位置から飛ぶことを意識したい。飛んでる途中に削られてしまってはエリア確保の安定性が落ちてしまう。マップにもよるがなるべく体力は温存しておきたい。

 

 味方の護衛編

  1. 味方サポーターの周りで構える
  2. 極力離れない
  3. 敵が来たらバリアの判断しつつカバー
  4. 敵を退かせ、追撃するかしないか判断

 

 相手のDPSなどが味方のサポーターを襲いに来たり、高台の味方のカバーするときにはゴリラの出番。立ち回り的にはただ敵が来るのを待つ、ということになる。

 なるべくDPSは殺し切りたいが、機動力が敵のほうがあるのであれば無理はしない。敵を退かせている間に別の標的に飛んだりして、無駄な時間をなくしたい。

 この立ち回りは基本的に他の立ち回りの+αでこれをする場面が出てくる。この立ち回りだけをするなら素直に他のヒーローに変えたほうが状況はよくなりやすい。

 

 フランカー編①

  1. ジャンプを敵の位置によって飛び方を変える
  2. バリアを張る
  3. 着地点を軸に敵に攻撃
  4. 敵の前線を下げさせる
  5. ジャンプで離脱or前線維持の判断
  6. 1に戻る

 コントロールなどでよく見る飛び方その①、敵が3tankでリーパーやロードホッグがいる場合、奥に飛び込むとジャンプで離脱する暇がないまま死んでしまう時にはこの飛び方。

 大事なのが4の項目で、ウィンストンをメインタンクとして使う場合にはこれができなければかなり厳しい。 イメージとしてはウィンストンを先頭に敵のハルトのラインを下げさせるやりかた。

 もちろん前線を下げさせた後の動きも必要。1~6の過程において常に敵の体力や位置に気をくばり、孤立した敵や、体力が削れた敵を一人ずつ狩りとっていく。

 コントロールでのポイントの取り返しには向かない飛び方。 退かせることはできるが、パワーで押し返すことには向いてないのを理解しておこう。

 

 フランカー編②

  1. ジャンプで敵のサポートの位置まで飛ぶ
  2. バリアを張り攻撃
  3. ジャンプで離脱or追撃の判断
  4. 狙った敵を殺しきる 
  5. 有利な敵から順に狙う

 両チームともウィンストン、ザリアのダイブ構成などの時だとこの飛び方、先にサポートを落としたほうが有利になるのでジャンプは必ず当てたい。3のジャンプまでにサポートを落としきれなければ、さらにジャンプで追撃しよう。ここまでで敵のサポートの片方を落とし切っておかないと厳しい。

 その後体力が少なくウィンストンでも落としきれる敵を狙う、もしくは味方のカバー。

 この飛び方は敵を撹乱するような動き方なので、敵の整っている陣形を崩すのと、乱戦で戦況が分かりずらい時などにも向いている。とりあえずサポートに組み付きその後、自分が得意とするヒーローに飛べば問題ない。

 

 ハイダイブ編

  1. ジャンプで敵のフォーカスを向けさせる
  2. 出来るだけ長く前線に居座る
  3. ジャンプで離脱or追撃
  4. 味方のDPSと常に狙いを合わせる

 味方が3DPSの時のウィンストンはフランカーとすること自体はあまり変わらない。しかし構成の趣向は「敵のヒール量より高い火力で速攻で落とす」ことにあるのでウィンストンは死ぬのを覚悟しておこう。

 飛んだあとはできるだけ前線で敵のフォーカスを受けつつ、前線に居座る。二度目のジャンプは追撃や火力アップに使ったほうがいい。

 ウィンストン自身が敵を倒す意識を強く持つのではなく、味方のDPSがより火力を出せるように敵を誘導できればかなりおいしい。

 

・ 覚えておきたいテクニック

  小ジャンプ

 基本中の基本。後ろ入力+ジャンプで出る。「メインが当たらないけど普通のジャンプ入力だと相手を通り越してしまう。」時の追撃や、単純に位置を調節したい時など使用頻度は極めて高い。

 前に移動中に咄嗟に出せるようになるぐらいまでには練習したい。

 

 ジャンプコンボ

 これも基本中の基本。着地寸前に近接攻撃を入れ、着地で近接攻撃の硬直をキャンセルし、そのままメインで追撃。

 着地50+近接30の80ダメージが即座に出せるようになるので常に出せるよう意識したい。

 近接の範囲は特別広いわけではないのでしっかり練習して感覚を掴んでおこう。

 

 バリアで往復

 ウィンストンのバリアは設置型+球状なので張るだけでは敵が内側に入ってきてそのまま打たれてしまう。そのため敵が内側に入ってきたタイミングでバリアの外に出ることにより被弾を抑え、その後敵が外側に出てこればまた内側に入る、、、つまりバリアの境目で敵に合わせて出たり入ったりするのである。

 これをすることによって自身への被弾を最大限抑えることが出来る。特に自身が苦手とするショットガン系武装を持っている敵やメイやザリアなどのビーム系に対して効果が大きい。

 

  ultを使った二段飛び

 ウィンストンのultには発動時と終了時にジャンプのクールダウンをリセットする効果がある。これを利用し、擬似的に二回連続でジャンプすることができる。

 素早く目的地に向かう時にも使えるが、主にCP内で時間を稼いだ後の離脱時に効果を発揮する。ultの残り時間が3秒の時にジャンプできるように意識すれば、自然と二段飛びできるタイミングを取りやすい。

 

 バリアを使った敵の分断

 ウィンストンのバリアは敵の射線を防ぐ他、ルシオのスピードブーストなども防ぐことができる。

 これを利用し、敵の前衛と後衛の間に飛んでバリアを張り、敵前衛にヒールさせないまま落とす動きができる。

 狙い目は敵の前衛と後衛までのラインが間延びした時、相手が広くエリアを広げていればいるほど分断は狙いやすい。ただし防ぐのは射線のみなので機動力が高い相手は分断しても意味がないことが多い。

 他のバリア持ちと違い、高い機動力+範囲の広い設置型バリアを持つウィンストンが特に生かせるので是非使いこなしたい。

 

 バリアと本体で挟む

 バリアはジャンプ中にも置くことができ、さらにバリアは空中に置くとそのまま真下に落ちていく。これを利用しジャンプ中にバリアを敵の目の前に置き、着地位置を敵の後ろにすると本体とバリアで挟み込むことができる。

 そのまま敵が後ろに下がればバリアの中に入ることになり、敵がこちらに向かってくるのであればそのまま電撃で焼くことができる。

 この方法を使う場合、自分自身はバリアに守られないので敵のCCなどには無防備になってしまう。使いどころには注意。

 

 

 今回はここまで、上で色々と書きましたがウィンストンもやはり「絶対にコレ」というような動き方はありません。敵の位置や構成などで大きく動き方が変わってきます。上のものはそのほんの一部でしかありません。

 自分で使ってみて、実際に「強い」と思ったことと、「弱い」と思ったことをしっかりと理解し、試行錯誤していけばウィンストンはそれ相応に答えてくれるポテンシャルを持っています。決して使わず仕舞いにならず一度使ってみてください。

 次回ウィンストンの記事を書くなら、MAPごとのウィンストンのオススメポジションのことなどを書くつもりです。

 

 ご既読ありがとうございました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィンストン 1部目

 

 

 どうも、ろく6935です。

 お久しぶりです、最近忙しくて更新遅れてます、さーせん。書いていますがまとまらずに書き溜めてます。さーせん。

 さて、今シーズンは出番がめっきりなくなってしまったウィンストンの記事を書いていきます。1部目なので基本的なことを書いていきたいと思います。俺はウィンストン使ってる方が楽しいです・・・

 

f:id:roku6935:20161128212134p:plain

・ウィンストン

ロール:タンク

ヘルス:400 アーマー:100 

 

 長所

  • 機動力が非常に高い
  • aimがいらない
  • 唯一の設置型バリア持ち
  • 武装がシンプル
  • 強いヒーローにはとことん強い

  短所

  • バリアのCTが長い上に脆い
  • ショットガンに非常に弱い
  • 火力が全ヒーロー中最低レベル
  • ultを使いこなすのが難しい

 

 アビリティ

 1、テスラキャノン

 威力:60dps

 射程:約7m

 範囲:逆円錐40°くらい

 リロード:有

 最大3人まで当たります。

 ・説明

 電撃ビリビリ。範囲内の敵をホーミングしてくれるのでaimがなくても安定してダメージを与えられるのが強み、範囲はしっかりと把握しておくこと。

 至近距離だと左右に少しずれただけで外れてしまうので、近すぎず、遠すぎずの距離が一番有効的に使える、大体5m以近が立ち回り上も含めてbestな位置。

 3人までヒットし、その時の最大火力は180dpsと高めなので、できれば大人数を範囲内に捉えたい。ただし、ウィンストンは火力を出すことよりも一人の敵に安定した火力を出し続けることが重要なので、立ち回りに支障が出ない程度にしよう。初めは敵が入っていればラッキーぐらいの気持ちでOK。使い続けていると良い打ち方が分かってくる。

 その他、下方向にも電撃が打てるので電撃が当たる程度の高台で下方向にビリビリしても中々に嫌らしい。

 火力は低いので後述の近接とジャンプと合わせたコンボも使っていきたい、そしてリロードは短いものの、その特性からかなり頻繁に起こるので「弾があれば倒しきれた」なんて状況は極力なくしていこう。

 ちなみにステルス中のソンブラにも当たる。

 

 

 2、ジャンプ・パック

 CT:6秒 ult中2秒

 威力:~50

 距離:0m~30mまで調節可能

 ノックバック有

 ・説明

 このヒーローの生命線。これを使いこなせるかどうかでこのお猿さんの価値が決まる。ただのチンパンジーか、キングコングか、これ一つで分かる。

 突入、離脱、回避、味方のカバー、高所のエリア取り、錯乱、その他、何から何までこれが根幹を成している。

 ジャンプの着地にはダメージ+ノックバックがある。ダメージは着地点を中心に最大50ダメージ、ノックバックも中心ほど大きくなるので、なるべく着地点を敵に近づけよう。

 そして、ジャンプの距離と角度を自由自在に操れるようになろう、特に小ジャンプ(後ろに移動しながらジャンプすると最短距離で飛べる)は確実にできるようになりたい。火力の出し方と立ち回りが大きく変わってくる。

 飛び方や着地の位置でもかなり効果が変わってくる上、その他の用途も多岐に渡るので、練習を重ねに重ね、一つのジャンプで最大限の効果を発揮できるようになろう。

 

 

 3、バリア・フィールド

 CT:13秒

 持続:5秒

 耐久:600

 範囲:半径5m

 発生:約0.5秒

 ・説明

 球状のバリアをその場に展開する。バリア単体の性能で見れば、脆い、CT長い、範囲もそこそこ、発生もそこそこ、持続もそこそこ、と正直ぱっとしない性能。だが他のバリア持ちと違い設置型になっており、バリアを貼った後自由に動けるのは明確な強み。特に自身のアンチヒーローに対してはバリアの使い方次第でそれなりに対応できる部分が多い。

 使い方としては敵の集団に着地後に貼るのが一般的、貼るタイミングは様々で応用も利くので是非実戦で色々と試してみよう。味方を守るバリアとしてはいかんせん性能不足感が否めないので、基本的には自分のためのバリアと思ってもらって問題ない。

 相手にCCスキル持ちがいるのであれば、なるべくその敵と自分の間にバリアを貼れるようにしたい。OWのCCスキルは基本的に見てから防げないものがほとんどなので「防げるようにバリアを貼る」ことと「貼った後に当たらない動き」が重要になってくる。CCスキル持ちには要注意。

 張った後の動きとして、バリアの境目で出たり入ったりする動きがある。これは非常に効果的で自らの被弾率を下げることができる。対リーパーやロードホッグなどで効果的なので必ずマスターしよう。

 

 

 4、プライマル・レイジ

 時間:10秒

 近接:40+ノックバック

 ジャンプのCTが2秒に

 メインが近接に

 即座に体力1000まで上昇

 移動速度3割増加

 発動時と終了時にジャンプのCTがリセット

 ・説明

 メガネを割って激おこぷんぷん丸。

 難しいその一言に尽きるult。

 使い方自体は分かりやすく、基本的には自分が死ぬ直前に使えばそれでいい。電撃で敵を削る→死ぬ直前にult→追撃で倒しきる。の流れや、ただ単に時間を稼ぎたい時にも使える。しかし、なんといっても操作が非常に難しい。

 まずメインが近接の殴りになる。ダメージは40とそれほどでもないがノックバックが凄まじく、第一にこのノックバックによる環境キルを狙う。環境キルが難しいなら敵を壁の角まで運びそのまま壁でハメることができるのでキルを狙う。この時体力の多いタンク系は倒すのに時間がかかるのでなるべく体力の少ない相手を狙う。壁ハメもできない状況なら、殴りの40ダメとCTが短くなったジャンプの50ダメでキルを狙う。

 と、書くのは簡単だが意外と難しい。ジャンプのノックバックは常に一定ではなく、近接も敵の進んでいるベクトルによって飛ぶ距離や方向が微妙に違ってくる。ダメージでキルするのは練習して感覚をつかむしかない。ただし、環境キルだけは絶対にできる場面が出てくるので、各マップの狙える場所をしっかりチェックしておくこと。

 発動時と終了時にジャンプのCTがリセットされる。これを利用し、ジャンプ→発動→ジャンプで二段ジャンプもどきができる。これは意外と重要で素早く目的地までたどり着いたり、逆に素早く戦線離脱することもできるので是非マスターしたい。

 ちなみにアナの瓶を発動前に食らうと体力が500しか上昇しなくなる。これはおそらくこのultの効果が「体力500増加+体力500回復」の合計1000上昇で、瓶の効果によって「体力500回復」の部分が阻害されている模様。

 

 

 

 5、近接

 近接も重要なスキルの一つ。メインの火力が低いのでこれも上手く使って少しでも無い火力を出していきたい。威力はたったの30、もっとあってもええんちゃうか?

 主な使いどころはミリ殺しとジャンプからの近接コンボ。

 ミリ殺しに関しては、近接が届く範囲で殺しきれると判断した場合に使う。ウィンストンが30ダメージ出そうとすると、メインで約0.5秒かかってしまうので近接で少しでもキルスピードを上げるために使う。ただし、近接を外してしまったり、殺しきれない場合キルスピードが落ちてしまうので必中必殺を心がけるべし。

 近接の硬直はジャンプの着地によりキャンセルできる。これを利用したジャンプ→着地寸前に近接→着地、のコンボで80ダメが即座に出せる。火力の低いウィンストンにとって瞬間80ダメージは馬鹿にならないダメージなので絶対に使えるようになろう。勿論このときの近接も当たらないと意味がないので、射程の確認は怠らないように。

 

・基本の立ち回り    

 このヒーローはタンクに分類されるが、前線を維持するタンクではなく、自身のプレッシャーで前線を下げさせるタンク、と考えてもらいたい。

 動きの一連の流れは

 1、ジャンプで敵の集団に突入

 2、突入後バリアを貼り敵の後衛を荒らす

 3、死ぬ前にジャンプで戦線離脱

 というのが基本の流れ。それぞれのポイントとなる部分を説明する。

 

 1のジャンプで敵の集団に突入する時に大事なのが敵の後衛陣の位置を確認し、ジャンプでその位置まで飛ぶことが重要。ジャンプのダメージもなるべく入れたいのでできるだけ後衛と近い位置に飛ぼう。

 2、バリアを貼るタイミングについては着地後即貼るぐらいの気持ちでOK、味方のザリアが自分にバリアを貼ってくれるなら、少し遅めでもいい。そしてバリアを利用しながら敵の後衛に電撃を当てていく。一番最初に狙うべき相手はルシオじゃない方のサポート、この時にたとえ相手を殺しきれなくとも深追いはしない。殺しきれるなら追ってもいいが無理は禁物!

 3、死ぬ前にジャンプで逃げよう。これが一番大事、絶対に死んではいけない、殺すより死なない方が大事。まず絶対に自分の命を第一に考えよう。ジャンプで逃げる位置だがなるべく250ヘルスパックに飛びたい。マップごとのパックの位置は覚えておこう。

 

 ・高台へのカバー

 高台へのカバーもウィンストンの仕事である。ウィンストンは縦への機動力が非常に高い。相手の高台で延々と火力を出しているソルジャー、マクリー、ウィドウメイカーなどはゴリラが処理しなければならない。

この時も無理は禁物、相手を引かせるだけでも十分なのでそのエリアを確保できればそれでいい。意識的には相手の有利なポジションを徐々になくす程度で問題ない。

 

 ・味方のカバー

 味方のカバーもウィンストンの仕事。サポーターが敵のゲンジやトレーサーなどに襲われていたら素早くジャンプで駆けつけよう。たとえ敵を殺せなくても味方のヒーラーが倒されなければ大幅な不利は取られない。まわりをよく見て素早くカバーに行ける位置取りも大切。

 

 

 得手不得手を覚える

ウィンストンはヒーローごとの有利不利を覚えなければ最大限の力を発揮することはできない。特に不利なヒーローがいる場合にはそのヒーローごとの対策は必要不可欠である。

 

・得意なヒーロー

  1. サポート全員
  2. ウィドウメイカー
  3. ゲンジ
  4. ハンゾー

上記のヒーロー群は最低でもタイマン状況なら勝てるように練習しておきたい。

アナに対してはスリープを食らった時点でほぼ負けなので、バリアをうまく使いスリープをいつ打たれても当たらない状況を作り続けることが大事。見てからバリアだとバリアの発生が遅いため当たってしまう。

 

・苦手なヒーロー

 

  1.  ロードホッグ
  2. DVA
  3. バスティオン
  4. リーパー
  5. トレーサー

 

 相手に一人いたらもう辛い。特に最近すこぶる強いロードホッグには要注意。

それぞれの対策だが、まずタイマンだとほぼ100%負けるので、絶対に味方と攻撃するようにしよう。欲を言えば上記のヒーローが苦手としているヒーローと一緒に攻撃したい。それがだめなら近づかないこと、触らぬ神に祟りなしである。ただゴリラの役割上少なからず近づく場面も多いのでそういう時はバリアと気力でなんとか頑張ろう...

 

・総評

 ウィンストンは多分タンクの中だと一番弱いと思ってる方が多いはず、でもそんなことはないんです。正しい使い方で正しく動かしてやると思っていた以上の成果を出してくれるヒーローです。

 今はウィンストンにとって苦境の時代に立たされていますが、これからのメタはウィンストンが活躍してくれることも多くなるでしょう。そんなメタが来る前に今一度ウィンストンを使ってみてはいかがでしょうか?

 自分自身ウィンストンはまだまだ未熟ですが、これからもウィンストンの記事はいろいろと書いていきます。質問や要望などがあればコメントで受け付けていきます。

 現在、マップごとのラインハルトの立ち回りの記事を書く予定です。気長に待っててくれればありがたいです。

 

 ここまでのご既読ありがとうございました。

 

 

 余談、

kings rowのこの部分ウィンストンが口を開けているように見えませんか・・・? 

 f:id:roku6935:20170212205926p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラインハルト 5部目 ultの読み合い

 

どうも、ろく6935です。今回は両チームのハルトにultがある時に発生するultの読み合いについて説明します。多分今まで書いてきた中で一番需要があると思います。あるのか?

 

 

  • 相手のultがあるかどうか考える

まず相手のultがなければ読み合いもクソもないので、相手のFSの当たり具合、チャージは当てていたか、殴りでダメージを出していたかを考えよう。相手のultがあると断定できれば読み合いに移行する。

 

 

・ultの読み合い

 いよいよここから本題。 まずは各スキルの、発生、クールダウンなどを覚えよう。

  • バリアシールド:発生まで約0.3秒、解除硬直が僅かにある
  • メイン:どのタイミングでもバリアを張れる
  • FS:発生までに約0.6秒、打ち終わりの硬直約0.3秒
  • チャージ:進み始めるまで約0.5秒
  • シャター:発生約0.5秒後半、判定の持続が約0.5秒

以下に重要な点を書く。

  1. シャターのモーション見てから約0.2秒以内に盾を張れば防げる
  2. 相手のチャージのモーションを見てからシャターを打とうとすると、距離によっては確定で相手のチャージが当たる。
  3. FSを打てば、打ち終わってから盾を張るまでに約1.2秒必要なので、見てから余裕でultを刺し込める。
  4. 持続が約0.5秒あり、持続中に盾が割れるとシャターを食らってしまう。

それぞれ細かく説明していきます。

 

1、相手の打つタイミングを読む

 上で書いた通りシャターは見てから約0.2秒内に盾を張ることで防ぐことができる。が、猶予が0.2秒しかない上に、ラグなどの要因も相まって見てからだけでは防げないシャターも出てくる。

そこで少しでも防ぐ確率を上げるために、「相手がどう打とうとしてるか」 「もし自分が相手ならどう打つか」 この二つを頭に入れておきたい。

例えばペイロードを挟んだ直線の盾の睨み合いだと、ペイロードを死角に打つ択や、ペイロードを乗り越えて打つ択などがある。

死角にして打つ択ならば、相手がペイロードに隠れた時にワザと盾を外し、打ちそうなタイミングで盾を張る。

乗り越えて打つ択なら、ギリギリまで引きつけて打つタイミングでジャンプで後ろに飛びながら盾を張る。

このように相手の一つ一つの択に対して適切な対処をしていき、択を摘み取っていければ、心理的にも相手のシャターを抑制できるのでかなり有利になれる。

逆に相手の動きに対処できずにシャターが決まり続ければ相手に余裕が生まれてしまう。

常に相手がどう打とうとしてるか考えておくだけでかなり防げる確率は上がると思われる。そして自分がどう決めるかのビジョンを持つことも大切。頑張ろう。

 

2、チャージへの対処

 相手がチャージしてきたのに対して、シャターを返したけど、打つ前にチャージに当たってしまった。なんてことはないだろうか。こうなるのは相手との距離に問題がある。

 相手のハルトがチャージを的確にこちらに当てて来れる場合、距離が大体5m以内だとアウト。シャターの発生の時間の都合上、ほぼ確定でチャージが当たる。

 無理に相手が距離を詰めてきた場合、チャージを狙ってる可能性があるのでこの場合はチャージを避けてからハルト単体にシャターを打つ、もしくはチャージにチャージを返す、避けてから敵のハルト以外の集団に打つ、などをしよう。ハルト単体に打つのは勿体無いのでは?と思われがちだが、自分より後ろにハルトが流れた時点で相手はシャターを決め放題なので、野放しにするのはオススメできない。それに倒し切れればかなり有利になるのでult一つ使う価値はある。

 

 3、考えなしのFSは厳禁

盾の見合い中にFSを打つと相手が上手いハルトなら確実にultを打ってくる。FSは発生が遅く、発生後の硬直もあるため見てから余裕でシャターを決めることができる。絶対に軽率に打ってはいけない。逆に相手が迂闊にFSを打ってくるようであれば打つチャンスなのでしっかり練習しておきたい

 

4、持続に気をつけよう。

これは読み合いとは言えないが、一応記載しておく。

以外と知られてないが、シャターには持続が約0.5秒ある。よく盾で防いだはずなのに何故か当たってしまったなんてことが起こる人は、おそらく盾を解除するのが早すぎるのが原因。防いだ後は気持ち長めに盾を構えよう。

持続の間に盾が割れても同じように当たってしまう。盾の耐久が500切ったら危険。

この持続を生かして、敵が流れ込んでくる通路にシャターを打つとドミノのように敵が倒れていく。

 

 

  • 総括

 ここまで色々書いたが、やっぱり大事なのは練習すること。日々のランクでも止める意識を持つだけでも絶対に変わってくる。

勿論、ハルトはそれ以外にも色々と考えることも、見ることも、動くことも多い。しかし練習を続けていれば相手のシャターに意識を割かなくても見てから自然に防げるようになったりする。とにかく頑張ろう。

あとハルトの味方の人はシャター食らってもハルトを責めないであげてください。シャターを防ぐのは書くのは簡単でも実際にやるのは難しいです。防いだ時は褒めてあげて下さい。喜びます。

 

今回は以上になります。あくまで個人的な意見なので色々と自分で試して下さい。そろそろウィンストンの記事も書こうと思ってましたが、メタがメタなので出す機会がないのが悔やまれる・・・。

 

ここまでのご既読ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

ラインハルト 4部目

 

どうも、ろく6935です。

 

今回は相手のultを考慮した上での、アースシャターの打ち方を書いていこうと思います。

 

1、サポーターを狙う。

優先で狙うのは相手のultを持っているサポーター。特にルシオ、ゼニは要注目。大事なのは相手がultを使う前にシャターを当てて倒しきる、ということ。倒しきれないとスタンが終了してからultを使われてしまい、自チームが壊滅したりする。マーシーにだけ関して言えば状況を見て、カウンターで吐いてもいい。

 

2、カウンターで使う。

この使い方もできるようになりたい。狙うのはスタンさせればultが強制終了するもの、もしくはスタンさせた後に倒しきれるもの。例として、ゲンジ、マクリー、リーパー、ソルジャー、特にナノブーストが付いているゲンジには確実に当てていきたい。ナノが付いている相手に関しては倒しきれなくても、スタンの2秒で味方が引いたり、体制を立て直す時間が稼げるので問題ない。上手く倒し切れればかなりのリターンが取れる。

 

3、ult合戦で使うべき時。

お互いのチームにultが6個ずつあり、最後の攻めや守りの時はultが入り乱れどのタイミングで吐けばいいか迷いがちだが、おすすめは※イニシエートスキルとして使うことである。そして吐けるタイミングがあればすぐに吐く。※イニシエートスキルとは、集団戦を開始する合図のようなもの、先制攻撃みたいな感じ、moba用語。

そもそもハルトのultの性質上、味方がいなければ相手の殲滅は厳しい上、相手にultを使わせずに潰す方法が非常に強いため、カウンターで使うよりもイニシエートで使ったほうが効果がある。

勿論相手と味方のultの相性も考慮する必要はあるが、基本的にイニシエートで使った方が強い。

 

・ultを当てたい相手一覧

以下は相手のult中などにシャターを当てていきたいリスト。あくまでultを考慮したものなので相手のultがない場合はまた変わってくる。

  • ナノブーストがついている相手全般、特にナノ竜神剣には確実に当てたい
  • ult中のマクリー、ゲンジ、ソルジャー、リーパー、バスティオン、ロードホッグ。
  • ultを打った後の生身のDVaはult+FSで確殺。

バレッジ中のファラは基本的にultを狙わない。というよりそもそも当たる高度にいない場合が多い、シャターが当たる高度にいたとしても密着しながら盾を張りにいったほうがバレッジの爆風でファラを落とせるのでそっちを狙った方がいい。距離が遠い場合は盾を出し入れすると耐えることができる。

 

 今回は短いですがここまでです。総じてハルトのultはポテンシャルが高く応用も効くので色々と試してみてください!自分自身まだまだ生かしきれてない部分も多いのでもっと研究していきます。

 

ご既読ありがとうございました!

 

 

 

 

 

あけましておめでとう御座います。

どうも、ろく6935です。

軽く新年の挨拶と今年の目標を書きます。

あけましておめでとう御座います。

今年もよろしくお願いいたします。

 

2016年は色々ありました。OWはCSから始めたのですが、様々な出会いがあり、今はRPG KINGDOMの一選手としてプレイさせて頂いてます。自分はとても運が良くここまで来れました。今まで出会ったメンバーに感謝です。

 

2017年の目標はチームでさらに上を目指して活動していくことと、個人として憧れられるようなプレイヤーになることを目標にして頑張っていきたいと思います。

これからも応援よろしくお願いします。