読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうも、ろく6935です

主にOverwatchについて書いていきます。拙い文章ですが、暇なときに目を通して頂ければ幸いです。

ラインハルト 1部目

ラインハルト

 

 

どうも、ろく6935です。

 

前回の予告の通り、ラインハルトのことを書きます。

ですが書こうと思うことが多すぎるので何部かに分けます。

一部目ということでステータスと強みなどを書いていきます。

 

 

f:id:roku6935:20161128211832p:plain

ラインハルト role:Tank

Helth:300 Armor:200

上記のArmorは

「10以上のダメージを5カット」

「10未満のダメージを50%カット」

という二つの効果があります。

 

次はアビリティです。

番号順で重要度が高い順に説明、解説をしていきます

1、バリア・フィールド

  • 耐久値:2000
  • 2秒間ダメージを受けずにいると回復する
  • 一秒間に225回復
  • 移動速度50%ダウン
  • 一度割れると500まで回復しないと使えない、約5秒

解説

ハルトといえばこの武装、前方にバリアを展開できる。

基本的にラインハルトが必要とされる状況は、この盾が必要とされていることが多い。

逆に盾が機能しないなら、素直に他のヒーローに変えよう。

他のバリア系武装と比べても、高耐久、広範囲、移動可能、自由に出し入れ可能とかなり飛び抜けた性能。

上記の性能のおかげで、相手の射撃を一方的に防ぎこちらの射撃を一方的に通すのが非常に強い、なおかつ移動もできる。強い。

他の用途は攻撃から味方を守る、強引に前線をあげる、味方の撤退の補助、など多すぎて上げきれない。

盾を張っている時に特に意識すべき事は、無駄に盾を消費しないこと。盾を張っているだけで前線を上げなかったり、位置取りを変えないならただ無駄に盾を消費しているだけの木偶の坊である。

そして、敵も躍起になって盾を割ってくる、よくある質問で「盾がすぐに割れる時はどうしますか?」があるが、まず「盾が割れる前に前線を上げきる」のを徹底しよう。

盾はシンプルに強いので性能に甘えがちになるが、あくまで盾は盾、極限まで有効に、かつ効果的に使ってチームを勝利に導こう。

 

2、アースシャター

威力:50

射程:20m

発生:はやい

範囲:扇上に40度くらい

当たった敵に約2秒のスタン

ハンマーダウンと間違われることが多いが正式にはアースシャターである。アースシャッターでもない、アース・シャターである!

盾の次に重要、というより単純にこのultが滅茶苦茶強い、全ultのなかでもトップクラスの強さ。

まずその発生の早さ、無敵スキルや移動スキルがあれば見てから避けれないこともないが、まず無理。スキルがないと回避不可能。

そしてスタンさせるのが非常に強い。行動不能なのでカウンターでultを吐かれることもなく、スキルすら使えないのでまさに殴り放題。

そしてハルト自身のultの回転率も非常にいい。もちろん使い手の技量にも寄るが、一番早く溜まったなんてザラ。

ただし、このult自体のダメージは低く、ハルト一人がキルできる限界はせいぜい2、3人である。味方がいる時に使うのがベター。

そして激強な分相手も警戒してくる。特にラインハルトが相手にいると成功率がかなり下がるので工夫して使おう。具体的には盾を割ってから使うとか。

地味な仕事が多い中で、派手に豪快に存在感を示せる武装、どんどん打っていき自分のハルトのヤバさを前面に出していこう。

盾の読み合いの記事は今度書きます。

3、チャージ

威力:300(カス当たり50)

航続距離:約40m

クールタイム:10秒

速度:心頭滅却よりはやい

使いこなしにくい武装ランキングトップ一位。

使いこなせればかなりの脅威。

一度使うと、途中キャンセル不可、進路は微調整しか出来ない、ぶつかるまで何も出来ない、掴み判定が以外に狭い、など癖が強く、初めの頃は使っても「何の成果も得られませんでしタァ!」と言ってリスポンから戻ってくるのが日常茶飯事。使いこなすのを諦めたくなる武装。

だが、威力300というタンク以外を確定で殺れる威力、掴んだ敵を孤立させる航続距離と速度、カス当たりの吹き飛ばしの環境キル、強引に敵陣を荒らすなど、光る部分も多い。

使うときは自分の体力と味方の体力に注意、進んでいる最中に死んでしまえば、捕まえても意味がなくなる。

まずはしっかり相手を掴む感覚を覚えよう、掴める確率が上がれば確定所なども体で覚えてくる。

次はぶつける位置、掴んだ後に敵陣の奥深くでぶつけてしまって、自分は孤立し死んでしまいましたー、これはよくあるミスで一番やってはいけない。

そうならないように、なるべくすぐ近くの壁を狙うか、もしくは掴んでる最中にも左右に曲がれるので横の壁にぶつけてもいい。

大事なのは如何に当てるか、当てた後のぶつける位置をどうするか、打ち終わった後にどういう状況になるかを考えること。

リスクリターンを意識し、決して一発だけの武装、と持て余さないようにしよう。

4、ロケット・ハンマー

威力:75

射程:5m〜5.5m

発生:ふつう

ノックバック有

以下は過去に調べた発生、判定、範囲のツイートです。かなり昔のなので修正が入っている部分も多いですが基本こんなもんです。

https://twitter.com/roku6935/status/753273594868748288

 まずは独特な判定、発生、範囲に慣れること、射程範囲に入った敵を確実に狙って殴れるようにしよう。

ダメージ75は低いように見えるが、瞬間的に75を出せるのはかなり強い。ゴリラが75出そうと思えば1秒弱かかる。

 範囲と射程も決して狭くなく、複数の相手にヒットするので、ハマればオフェンス並みの火力を出せる。例として6人に当たれば450ダメなので全盛期マクリーのファニングよりも軽くダメージ出せる。滅多にないけどネ。

振りに行くよりも迎撃用に使うのが一番用途が多くなる、もちろん自分から振りに行くのも必要。ただし自分の体力と味方の体力に注意。

乱戦時限定だが、近くにいるサポーターや機動力の低めのオフェンスは積極的に殴りに行こう、自身の体力に余裕があればまず負けない。ハンマーの射程に相手が入ってさえいればタイマン性能はかなり高いということを頭に入れておこう。

ファイヤーストライクの後の振りは若干だが発生が早くなる。振り→ファイヤーストライク→振り、で250ダメを最速で出せる、これはリーパーメイまでを倒せるのでぜひ覚えておきたい、もちろん火力を出したい時にも使える。

地味にノックバック性能があり、後ろに逃げる敵の右側から振ることにより若干逃げを遅らせられる。環境キルも狙えなくはない程度にはできる。

ハルトの立ち回りスタイルがこれの使い方で変わってくる。ハルトは味方を守るだけのヒーローではなく、殴りまくって攻めることも強いと、身をもって相手に分からせてやろう。

5、ファイヤーストライク

威力:100

射程:無限

発生:ふつう

弾速:おそめ

判定:でかい

クールタイム:6秒

ハルト唯一の遠距離射撃武装、そして重要なダメージソース。

まずはやっぱりその独特な判定、範囲、発生、弾速に慣れよう、狙った位置に狙ったタイミングで飛ばせればベスト。

これの回転率とヒット率でultの回転率も大きく変わってくる。

基本は打てる時にはどんどん打っていく、敵を貫通する性質があるので、敵の進行方向へ縦に置くように打てば複数ヒットしやすい。ただしバリアが解けるので何度も言うが自分の体力と味方の体力に注意。

唯一の遠距離武装、ということでハンマーの射程外の体力がミリの敵をキルするのにも多く使う。これがあればキルできてた。なんてことにならないように適当に打つのは極力抑えよう。

敵のザリア、ゲンジには遠距離では絶対に狙ってはいけない、ザリアはゲージを吸われ、ゲンジには跳ね返される。そんな時は一体でもいいので相手のサポートを狙おう、ハルトを狙ってもいいが、ザリアのバリアがつけられるのがほとんどなので非推奨。

ここでは軽くしか書かないが、相手のラインハルトがultを持っている状態で、正面からこれを打ってはいけない、間違いなく倒される。味方も倒れる絶対に打ってはいけない。

総じて遠距離で舐められがちなハルトの抵抗手段であり武器である、中途半端に距離を取っている敵にぶつけてやり、デスとストレスを相手に与えよう。

 

立ち回りなどは今回は書きません。上記の武装などで大事なのは、その強み、弱み、を理解すること。そしてそれを使いこなすことです。それぞれのスキルのポテンシャルを限界まで引き出してこそ、ハルトは輝くヒーローになります。

 

今回の記事は以上になります。最初にも説明した通りこの記事すべてがラインハルトの全てではありません、自分の中でのほんの1割程度のことを書いたつもりです、ですが最低限書きたいことは書いたつもりです。なので生暖かい目で見てください。

 

長文になりましたがご既読ありがとうございました。

 

さて、次回の予定ですが決めていません!ええ!更新遅くてほんとごめんなさい!

ブログって結構大変なんだなって思います!でもブログ自体は続けていきます!

 

質問やリクエストなどもコメントからどうゾ^^

 

あとこのブログを見ている人でブログをしている人がいるならば是非アドバイスをお願いします!どんなに些細なことでもいいです。少しでも読みやすくしていきたいと思っています!